後期臨床研修といえば、将来医者を目指す方が研修するのに必要ですが、東京医科大学病院では、その研修医を募集しています。
医師として活躍するためには、まずはこの研修でいかにいろんな経験をするかが重要です。
この病院ではそういう経験をして学ぶためのカリキュラムがしっかりとしています。
例えば整形外科では、1年目に関節外科、脊椎骨髄外科、スポーツ整形外科、救急外傷について学ぶことができます。
新宿本院にてまずは、基礎的整形外科疾患の診察と治療の流れを学び、手術の方法についても学びます。
研究では、学会発表や論文を作成したりすることになります。
2年目には、関連病院に出張して、指導を受けながら手術を行ったりします。
こういう経験を重ねることで立派な医師になることができます。
後期研修ではこういった様々な指導を受けて研修を実施していくことでいろんな技術を会得することができるので、これが医師として独り立ちする時には役立つと思います。
東京医科大学病院では後期研修が充実しているので、この数年間をいかに充実した勉強をするかで変わってきます。
指導体制もしっかりとしているので、研修面の不安も安心サポートしてくれますので、おすすめの病院だと言えます。