潜水服のことについて私はまったく知りませんでした。
また、潜水を職業とする人々に関する知識も、
皆無に等しいものでした。
山に囲まれた古い町で生まれ育った私にとって、
海は縁遠いものだったのです。
魚の種類にしても、詳しいものではありません。
古来、人は自然界の中で、他の動物達とは異なる生存方法を実行し、
特殊な位置を占めてきました。
人間と他の動物達との違いは、
もの作りの多彩さではないでしょうか。
ドライスーツとウエットスーツの区別や名称さえも最近まで知らなかった私ですが、
水中で体を保護するための、潜水スーツの考案も、もの作りにおける人間の、
知恵の結晶の一つであると考えます。
本来なら人は長時間、
ま水や海水を問わず、水中深くで活動はできません。
そういう不可能を可能たらしめる道具の一つとして、
潜水スーツは存在しています。
テレビなどで海中の様子や、時には深海の珍しい情景が撮影されています。
とても興味深く観ています。
魚の体型は豊穣のシンボルのように思え、
海の中は神秘的で美しく、ひと時、日常を忘れました。
このような貴重な光景を茶の間で知ることができるのも、
潜水服をはじめ、様々な機具の開発によるものと、改めて驚嘆しています。
潜水スーツの情報とお薦め通販サイトのご紹介