普段から気づかないうちに酷使しているのが目です。
パソコンを使用する仕事も増えていますし、プライベートでも携帯やスマートフォン、タブレット等を見る機会も増えています。
最近、目が疲れやすいなと思うことが増えたとすれば、もしかしたらドライアイかもしれません。
ドライアイと聞くと目が乾燥する症状で、涙が少ないだけだと思われがちですが、実は乾燥以外にも様々な症状が出るのです。
目の疲れも一つの症状ですし、目がゴロゴロとしたり、見えづらくなってしまうのもこの病気の症状です。
涙が少ないと、涙が目を覆うことができないので、粘膜が荒れてしまうのです。
自覚症状があっても、病気だと気づかず病院に行かない人が多いという現状もあるようです。
ただ、症状が出ているのであれば、早急に受診されることをオススメします。
ドライアイの治療はどんどん進化しています。
一般的な治療としては目薬を用いますが、この目薬も色々な種類が出ているのです。
涙の成分に近い潤いをあたえるもの、保湿性が高くて目の潤いを保持するもの、更には粘膜を増やす作用があるものなど、実に様々な種類があります。
症状には個人差がありますが、自分の目に合った目薬を処方してもらえるはずです。
一度医師の診断を受けて、目の不調を相談してみましょう。