不景気が長く続いていることで企業にも余裕がありませんから、求人を募集する際にも、即戦力となるような人材を選んで採用する風潮が強まっています。
即戦力であれば、企業で採用後に教育する必要がないため、経費削減にもつながるからです。
こうした流れはWEBデザイナーという職種においても同様で、WEBデザイナーの求人を見ても必要とされるスキルの欄には様々な資格やアプリケーションの使用経験などが記載されています。
このような状況では、単にWEBデザイナーになりたいというだけでは採用されることはないでしょう。
まずは企業が求めている技能を身に付けるためにも、専門学校などに通うことで最新の技術に関する知識は最低限持っておきたいものです。
独学だけでは企業内でやっていけないため、ある程度普遍性を持つ技能を持っておくべきなのです。