お中元を贈る期間は以前は西日本と東日本と違いがありましたが、現在では日本全国で7月初頭から中頃までに贈ることが一般的であります。
またうっかり期間を失してしまった場合でも暑中見舞い・残暑見舞いということで贈ることもできます。
一般的に、お中元の正しい贈り方は、贈り物にかける「のし紙」は紅白の5本の花結びで熨斗が付いたデザインを使用します。
これについては、依頼をすればデパートからの直接発送の中ではそういった包装紙を用意してもらえるので便利です。
表書きについては、濃い墨の色で水引中央結び目の上に「御中元」と書き、名前書きは水引中央結び目の下の方に「フルネーム」で書き入れます。
これについても、デパートでは自動的に印刷をして貰えたりするサービスがあるので、活用すると無難でしょう。
なお年賀状のように喪中という概念がなく、日頃のお世話に対しての感謝の念を贈り物とするので、別段気にしなくても良いそうです。